ロフォス探検隊が行く

なじんできたカモ

先輩カモとカモヒナちゃんたちは、だいぶなじんできました。
今日は、そろって池のほとりでだらだらしていました。
なじんできたカモたち
あらあら、足まで伸ばしちゃって…
足伸ばしちゃって…
よくよく見ると、まだカモヒナ組、オトナ組に分かれるみたいですが。カモヒナとオトナの境目
ぱっと見、どっちがどっちかよくわからなくなってきました。池のほとりで
突然、立ち上がったかと思ったら、動き出したカモ
もう、おうちに帰る時間。ほらほら、寄り道しないで帰るよ~
寄り道しないで帰るよ
みんないる~
じゃぁ、またあしたね

またあしたね

今日の富士山

ここロフォスでは、昨日今日と続けてさわやかな朝を迎えました。
空気の澄んだロフォスからは、夏の富士山を見ることができました。

今日の富士山①20130828
雪のない夏の富士山もいいものですね。
今日の富士山②20130828
ちなみに、中庭から横浜はこんな感じに見えています。
今日の横浜20130828

世代間ギャップ

一向に交流しようとしない大人のカモとカモヒナちゃんです。こちらは大人のカモ組
今の時代、コミュニケーション能力が問われているというのに、
困ったものです。
ホントに、身体ばかり大きくなって、社会性が身に付いていないのよね

こちらはカモヒナ組
夕方になり、そろそろ、小屋に戻ります。大人のカモは小屋に戻る
カモヒナちゃんたちは、誘導してもらって、なんとか移動カモヒナちゃんも小屋に戻る
追われるまま入ったその先は…
わけもわからぬまま小屋に入れられるカモヒナちゃん
今日から、私たち先輩カモと一つ屋根の下、この小屋で暮らします。
はたして、うまくやっていけるかしら
ひとつ屋根の下で仲良くできるのか・・・

カモヒナちゃん、デビューする

今日は、いよいよ、カモヒナちゃん用の囲いを外し、
大人のカモに合流します
カモヒナちゃん用の囲いを外します
7月23日から約1か月過ごしたこの場所ともお別れです。慣れ親しんだこのスペースともお別れ
ところが、カモヒナちゃんたちは、怖がって、なかなか外に出ようとしません。
まったく、チキンな子たちだわ

怖気づくカモヒナちゃん
とうとう押し出されて、
押し出し~
仕方なく出てきました
仕方なく出てきたカモヒナちゃんたち
けれど、私たち大人のカモには全然近寄ってきません。
ほんとうに、近頃の若いモンは、礼儀がなっとらーん

…しかも、せっかくのご対面だというのに、カメラマン泣かせの位置取り
口をきかない両者
さぁ、この後、私たちとカモヒナちゃんはどうなったでしょうか?
続きは次回です

かぶと虫のいる木をみつけました

夏のある日、ロフォスの山からの帰り道、森の奥の小道でかぶと虫です
かぶと虫のいる木をみつけました。
メスです。
メスです。
ノコギリクワガタです
ノコギリクワガタです。
もうすぐ夏も終わりです。ロフォスの空も少し高くなってきたようですね。

エントランスのお花

エントランスのお花が替わりました。
エントランスのお花0822
今回はこちら
カーネーション、グラジオラス、スプレーマム、シンビジューム、
ひまわり、スターチス、トルコキキョウ、
ユリ、タニワタリ、リキュウソウ
花の写真館0822
スプレーマムとカーネーションスプレーマムとカーネーション
大きなユリです。写真じゃわかりませんが、
とってもよい香りがします

大きなユリ
シンビジュームもキレイに咲いています
シンビジューム
リキュウソウです。葉っぱだけかと思いましたが、
リキュウソウ
実は、花もついています
リキュウソウの花

カモヒナちゃん、まだ大きくなる

カモヒナちゃんは、まだまだ成長中のようです
足の爪が黒くなりました爪が黒くなりました
カモヒナちゃんの足の爪が黒くなかったときの写真はこちら⇒カモヒナちゃんの足
写真だとわかりづらいですが、くちばしでコッツン、コッツンと
ガラスを叩いています。

コッツンコッツン
それぞれの個性も出てきたみたいで、どうやら、この子はいじめっ子のよう
だけど、あんまりいじわるをすると、他の子からやり返されます
この子がいじめっ子かも
羽も、少し前はこんな感じでしたが、8月17日の羽
今は広げるとこんな感じ
今週の羽
また、小さい頃は、寝るときによく船を漕いでいましたが、
今は、こんなふうに上手に身体を枕代わりにして寝ています。
こうやって眠るといいカモ

研修棟探検

ロフォス湘南研修棟の1階には、仙元、一色、太宰ホール、大楠
という4つの研修会場があります

1階には4つのお部屋があります
こちらは仙元です。
こちらは仙元
仙元という名前は、葉山町にある仙元山からとっています。
仙元のなかの様子
こちらは、仙元のお隣りの一色という会場です。
こちらが一色
仙元よりも少し広いです。一色は、葉山町の地名から取っています。一色のなかの様子
こちらは大楠です。仙元、一色よりも広い会場で、交流会などに使います。
中もご紹介したかったのですが、研修中なのでガマン、ガマン
大楠も大楠山にちなんでいます。
こちらは大楠
最後に一番大きな太宰ホールです。こちらは太宰ホール
太宰ホールの太宰は、太宰治からとっているのではなく、
1987(昭和62)年に就任した太宰博邦会長からとっています。
太宰ホール

エントランスのお花

エントランスのお花が替わりました。
玄関のお花0819
ケイトウ、アンスリュウム、ガーベラ、
グロリオサ、ジンジャー、モンステラ、ピンポンマム
花の写真館0819
こちらはピンポンマムです。
まんまるで、かわいいですね
ピンポンマム
こちらは、ガーベラです。情熱の赤ですね真っ赤なガーベラ
このお花は…お花屋さんが花の写真館に入れ忘れています。
なんていうお花だろう…

このお花はなんでしょう?

OJT

交流会が終わった会場で、ワインの開け方について、
OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)をしていました
こっそり拝見

ワインの開け方、ポイントは
ワインの開け方のポイントは
ワインの開け方
コルクにワインオープナーをまっすぐ刺し、
まっすぐ
まっすぐ抜くのだそうです
…あ、でも、水かきがついたあたしの手じゃ、なかなか難しそうね[emoji:v-519]
やっぱりプロにお任せした方がいいのカモ[emoji:v-362]

抜きます