ロフォス探検隊が行く

蜂の巣その後

名人のおかげで、合計4つの蜂の巣を退治してもらい、
ほとんど蜂はいなくなりましたが、
退治するときに、たまたま巣にいなかった蜂が、
後から戻ってくること(戻りバチ)があるらしく、
まだ何匹か飛んでいることもあるので、
よく効くと言われている殺虫剤を木につるしています。


こちらは、退治してもらった巣の一部ですhatinosu0928.jpg
蜂の巣の退治は、蜂が巣のなかで寝ている夜間に行います。
昼間に行うと、せっかく巣を駆除しても、蜂が逃げてしまうからです。
まずは、蜂の巣の穴から一気に殺虫剤を噴射し、
巣のなかにいる蜂を退治します。
そのあと、巣から逃げた蜂をライトの光でおびき寄せ、
まとめて殺虫剤をかけて退治するそうです。

hatinosu09282.jpg
9月20日のブログでご紹介した蜂の巣は、
山のなか、高さ7メートル以上の場所にあったそうです。
もちろん夜の山は真っ暗なので、昼間のうちに、
照明やはしごを立てるための足場作りなど準備をしたそうですが、
照明をつけるための延長コードは85メートルにも及んだとか

また、防護服に少しでも穴があいていると、
そこから蜂が入ってきて刺されてしまうため、
防護服は完全密封、着ている人は汗でビショビショ
になってしまうそうです

そんな防護服を着て、名人が蜂の巣を退治する姿は、
たとえて言えば宇宙人のようで、
以前、別のお宅で作業していたとき、
退治する様子を見ていた女の子が、
思わず、ちびっちゃったんだとか…

(けっして探検隊員のことではありませんよ~)
何はともあれ、無事に退治が終わり、ほっと一安心です