ロフォス探検隊が行く

交流会は下期バージョンのメニューですよ!その3

11月から、研修初日に行われる交流会(有料です)のメニューを、下期バージョンに変更しましたよ

 

今回は温製メニューのご紹介の続きです

(冷製メニューのご紹介はこちらを、その他の温製メニューのご紹介はこちらをご覧ください。)

 

『黒酢酢豚』

黒酢で仕上げた黒い酢豚です

見た目は黒いですが、食べ応えのある食感のお肉と、ごろごろ入っている野菜が黒酢とよく合う、ビールが進む一品ですよ

 img_8193

 

『鴨の治部煮と野菜の炊き合わせ』

治部煮ってご存知ですか? 加賀料理の代表格で、炊くときにジブジブと音がするから、じぶに という名前になったとか

甘めの醤油味のだし汁に、小麦粉をまぶした鴨や野菜を合わせます。

柔らかい鴨や、味の沁みたこんにゃく(赤いの、こんにゃくなんですよ)が、とってもおいしい、やさしい味のお料理ですわさびをつけると、さらにおいしいです赤こんにゃくは、滋賀県の名物で、赤い色は鉄分なのだそうです。歴史のある食べ物で、『派手好きの織田信長が、地味なこんにゃくを赤くするように命じた』なんて説もあります(諸説あり)。

ちなみに、ロフォス湘南にはカモがいます。実はブログを書いているのもカモ(の設定)ですが、お料理に使用している鴨は、ロフォス湘南のカモではございませんので、ご安心ください

※たまにカモが減っている気がするのも、あくまで気のせいです

 img_8194

 

『鮭とイクラの炊き込み御飯』

まずは写真をご覧ください。

 img_8192

イクラがキラキラ輝いています

秋鮭を軽く炊き、ご飯を炊いた上に、イクラと大葉を飾っています。

親子丼、ならぬ、親子炊き込み御飯。しっかりと御飯に鮭の味が染み、イクラのぷちぷちした食感もうれしい、おいしい炊き込み御飯です

 

以上が、下期から登場しているお料理です。

その他にも、

『本日のパスタ』では、旬の食材を使用したパスタをご提供しています。

『まぐろ味噌ラーメン』のブースでは、豚骨、鶏ガラ、カジキの骨で出汁を取って、自家製の合わせ味噌で仕上げた味噌ラーメンは、まぐろのそぼろやもやしなどの野菜を炒めたトッピングでお召し上がりいただきます

そして、『横浜ビーフのグリルステーキ』も、特設ブースでご提供しています。分厚く切ったA4ランクの横浜産和牛を、その場で焼き上げて、フルーティーな和風ソースでお召し上がりいただきます

※いつもおいしい匂いを漂わせ、残業中のロフォス湘南の職員は胃を刺激されています

 

 

最後に、たくさんのお料理で、皆さまの交流会をおもてなししているのは、「ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタルホテル」です。お料理のご意見やご感想を、ぜひホテルスタッフや職員にもお寄せいただければと思います