ロフォス探検隊が行く

山桃

ロフォス湘南には、食べられる果実のなる木がいくつかあります…って最近もこの話題でしたが、今回は『ヤマモモ』をご紹介します

 

 

駐車場の横と、県木の立ち並ぶお庭の端っこの2ヵ所に、ヤマモモの実がなる木があります

6月下旬から7月中旬にかけて実ります。おととしはこんな感じ。

大ぶりの甘酸っぱ~いヤマモモがたくさん収穫できたのですが、昨年は全然実がならず、、、残念、、、

なので、今年は期待が膨らみます

 

結果、たわわに実ったのですが、かなりの小粒。しかもかなり酸っぱい

そのままでは食べられませんでした。。。

しかも、手の届く範囲には全然実らず、脚立でもないと採れないような髙~い場所にたわわに実っています

ヤマモモも分かっているんですかね、低い位置に実ると私たち探検隊(ヒト)に収穫されてしまうことを

残念ながら今年は諦めました…

 

来年こそはぜひ

 

蜂の子

ロフォスの喫煙所近くに、

ハチが巣をつくっているとの連絡を受け、、、

 

 

とりました隊員(カモ)はハチが怖かったのでひと安心

受講生のみなさまも、ロフォスにいらした際は

安心してお庭を散策してみてください。

 

ハチはちょっと怖いですが、

蜂の子は思ったよりもかわいかったです

ちょっと遅れたあじさい

暑い日が続いていますね・・・

我ら隊員も、木陰に非難中です。

みなさんも熱中症には十分ご注意くださいね

 

今日は、ちょっと時期の遅れたあじさいをご紹介します

ロフォス湘南には、『あじさいの通』という隠れた名所(?)があるのですが、梅雨入り後も中々雨が降らず、あじさいの咲く時期が例年より遅くなっていました。

少しだけ咲いていた花も雨が降らないので元気がなかったのですが、7月に入り、見事に咲きましたよ

 

ロフォス湘南は四季折々、さまざまな花が咲きます

研修にお越しいただいた際には、講義の合間にお庭の散策をしてみてくださいね

 

暑い日が続いていますね標高がやや高いロフォス湘南でも、日中はかなりの暑さで、我々カモも日陰に避難しています

 

 

ロフォス湘南には、食べられる果実のなる木がいくつかありますが、今回は『梅』をご紹介します

 

一番大きな研修ホール:太宰ホールの舞台の裏側に見える3本の梅の木。

春はこんな風に紅白の花を咲かせ、受講生の皆さまや職員を癒してくれる梅の木ですが、、、

5月、梅の実がなりました

というわけで早速収穫

白梅の実は真ん丸で大きく、紅梅の実は小ぶりでちょっと楕円形をしています(写真は白梅の実です)。 

だいぶ収穫できた梅で、探検隊 副隊員のIさんが、梅シロップを作ってくれました!

 

右側が梅シロップです

炭酸で割ると、梅の風味豊かな、甘さ控えめの梅サイダーになりますこの暑い日々に、癒される飲み物でしたよ

 

ただ残念なことに、Iさん、梅が苦手だそうで、梅の実が食べられない

というわけで、シロップを作った梅の実を分けてもらいました。

カリカリした梅の実をかじると、口いっぱいに梅の香りと甘さが広がります。このまま食べてもおいしいのですが、せっかくだから梅ジャムにしてみました

お砂糖は一切入れず、梅と水だけ(ちょっとレモン汁)。

甘酸っぱ~い、とってもおいしいジャムができましたよ

 

これを炭酸で割ってもおいしそう… 

この暑い夏でも、梅ジャムで乗り切れそうです