ロフォス探検隊が行く

太宰ホールの名前の由来

「太宰ホール」は、500名以上が着席できる多目的ホールです

よく、「あの文豪と何か関係が」と尋ねられますが、そうではありません

 

太宰博邦(だざいひろくに)氏(1910-1994)は、厚生省(当時)にて戦後の福祉行政や国民皆保険制度創設に重要な役割を果たした人物です。退官後は、障害福祉分野に力を注ぎ、100以上の障害関係団体の大同団結に尽力し、全国社会福祉協議会会長も務めました

 

氏の業績を社会福祉関係者の記憶にとどめるため、中央福祉学院の竣工に際して「太宰ホール」と命名されました

※『日本の社会福祉 礎を築いた人びと』(蟻塚昌克著・全社協出版部)より一部引用

 

(RM)