お知らせ

新型コロナウイルス等に関する中央福祉学院の対応について(令和3年度に向けて)

 令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、映像受講(オンライン研修)対応といたしましたが、対面型での研修を基本とするため、令和3年度は例年通りスクーリングを集合研修により開催することといたします。

※今後の感染拡大状況により変更する場合は、中央福祉学院ホームページでご案内いたします。

 なお、課程によってはすでにオンライン研修が決定しているものもございます。詳しくは各課程のご案内をご覧ください。

 


 また、感染症拡大防止のため、職員の出勤日数を削減しております。各研修の最新情報のご確認は、本学院ホームページを通じて行っていただくことへのご協力をお願いしております。

 その他、研修実施に関しましてご不明な点がございましたら、中央福祉学院(tel 046-858-1355 平日9:30~17:30)までお願いします。なお、職員の感染防止の観点から執務に制限が生じているため、お問い合わせに対するご連絡に時間を要することがございますので、ご了承ください。


【スクーリング開催時の感染防止対策】

  • 1回あたりの参加定員を減らし、かつ研修会場を3か所に分散させて受講者間のディスタンスを確保。
  • メイン会場以外の2会場には、メイン会場で撮影した講義の画像をプロジェクターで流して受講いただく。
  • 受講者は自室と食事以外はマスクを着用のうえで参加いただく。講師・職員も運営に際してマスクを着用する。
  • 毎朝の受付・出席確認時に、非接触式体温計による検温を実施し、各自で手元に記録いただく。必要に応じて脇下で測る体温計も使用。
  • 会場入口に除菌用アルコールを常備。会場の消毒・換気を徹底する。
  • 初日の夕食交流会は中止(ロフォス湘南は通常の夕食をホテルレストランで個別に提供)。ロフォス湘南の朝食はビュッフェ方式から個別配膳に変更。
  • 受講中に発熱等の症状が確認された方は速やかに申出、ご帰宅いただく。

なお、レストランアクティにつきましては、当面休業となります。


<参考>

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

全国社会福祉協議会 新型コロナウイルスに関連する厚生労働省の事務連絡